トップページ
サービスのご案内
   HOME > サービスのご案内 > あすかインターネットでんさいサービスのご案内
あすか信用組合について
ディクロージャー
当組合の取組方針
店舗のご案内
手数料一覧
よくあるご質問
お問合せ
採用情報
リンク集
届出・申請


インターネットバンキングはこちら


あすかインターネットでんさいサービスのご案内



1.電子記録債権とは
平成20年に12月に施行された「電子記録債権法」により創設された新たな金銭債権です。
手形債権や指名債権(売掛債権等)が抱える問題を克服し、事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的としています。
インターネット(PC)等を通じて、電子債権記録機関が作成する記録原簿に電子的な記録を行なうことにより、支払に利用することができます。
全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)のホームページはこちら

2.でんさいネットとは
全国銀行協会が設立した電子債権記録機関のことで、正式名称を「株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)」といいます。
また、「でんさいネット」で取扱われる電子記録債権を「でんさい」と呼びます。
「でんさいネット」には、信用組合をはじめ全国1,300の金融機関が参加し、実績のある銀行間のネットワークを活用することにより、安心で信頼できるサービスを提供します。

3.でんさいネットの特長
手形的利用
中小企業の資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現行の手形と同様の利用方法を採用しています。
手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備しています。
全金融機関参加型
金融機関の信頼安心のネットワークのもとで、社会インフラとして構築される必要性を認識し、全金融機関参加型を採用しています。
既存の金融機関間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能です。
間接アクセス方式
当組合の法人向けインターネットバンキングサービスを経由し、でんさいネットにアクセスする方式を採用しています。

4.でんさいネットご利用にあたっての留意点
支払期日に資金不足となった場合、債務者に対して、手形の取引停止処分と同等のペナルティが課せられます。
当組合ででんさいサービスをご利用いただくにはあすかビジネスバンキングのご契約が必要となります。
ご利用にあたり利用申込書のご提出が必要になります。また、当組合での一定の審査及び利用契約締結を経た上でご利用可能となります。
「でんさいネット」以外の電子債権記録機関で発生した電子記録債権のお取扱いはできません。

5.でんさいネットの取引イメージ
発生記録
お取引金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行なうことで、電子債権が発生します。
譲渡記録
お取引金融機関から譲渡記録請求を行います。
必要に応じて債権を分割して譲渡することもできます。
支払記録
支払期日に自動的に支払企業の口座から資金を引落とし、納入企業の口座へ振込が行なわれます。
手形と異なり納入企業は支払期日当日から資金を利用することができます。

6.でんさいのメリット
支払企業のメリット
  (1) 手形の発行、振込の準備など、支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。
  (2) 手形と異なり印紙税は課税されません。
  (3) 手形、振込、一括決済など複数の支払手段を一本化することも可能となり、効率化が図れます。
納入企業のメリット
  (1) ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配がなくなります。厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、無駄な管理コストを削減できます。
  (2) 必要な分だけ分割して譲渡することができます。
手形にはない「でんさい」特有の大きなメリットです。
  (3) 支払期日になると口座に自動的に入金されますので面倒な取立手続きが不要です。

※本サイトの無断転載・無断リンクを禁じます。
(C) 2004 ASUKA CREDIT COOPERATIVE. All rights reserved.